琳 派

桃山時代後期に興り、同傾向の表現手法を用いる造形芸術上の流派、または美術家・工芸家らを指す名称。『紅白梅図屏風』は尾形光琳が模索し続けたグラフィカルな構図やデザイン性の集大成ともいうべき作品。

Look

クロード・モネ

印象派を代表するフランスの画家。『睡蓮』は、さまざまな光による変化を捉えることで、空の色や雲の動き、周囲の木々の存在、水面の下の世界などを表現し、画面外の世界の存在の暗示と象徴に満ちています。

Look

ジョルジュ・スーラ

新印象派に分類される十九世紀のフランスの画家。点描表現を用い、新たな表現様式を確立した。『グランド・ジャット島からのセーヌ川』は島からみたセーヌ川の光と陰を点画で表現しています。

Look

グスタフ・クリムト

世紀末ウィーンを代表するオーストリアの画家。女性の裸体など赤裸々で官能的なテーマを描き、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられるともいわれる。金箔を多用し、装飾性を優先した作品もある。

Look

フィンセント・ファン・ゴッホ

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。フォーヴィスムなど、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。『夜のカフェテラス』では初めて黒をあまり使わずに夜空を描いた。

Look

ピエール = オーギュスト・ルノワール

世紀末ウィーンを代表するオーストリアの画家。女性の裸体など赤裸々で官能的なテーマを描き、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられるともいわれる。金箔を多用し、装飾性を優先した作品もある。

Look