フェイマスピクチャーシリーズ



世界の名画からインスピレーションを
FUSION FACTORYの作家達がガラス表現しました。



クロード・モネ(Claude Monet)
印象はを代表するフランスの画家『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。
「睡蓮」は、さまざまな光による変化を捉えることで、空の色や雲の動き、周囲の木々の存在、水面の下の世界などを表現し、
画面外の世界の存在の暗示と象徴に満ちています。

ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)
新印象派に分類される19世紀のフランスの画家。点描表現を用い、新たな表現様式を確立した画家。
『ポール=アン=ベッサン 満潮時の外港』 ノルマンディー海岸の小さな漁港。ポール=アン=ベッサン、真夏の昼下がり。
まるで眠ったようにまどろむ波止場。ヨットが静かに水面を滑っています。桟橋の上の赤い建物は魚市場です。

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)
19世紀〜20世紀のノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として有名。
『叫び』は、1893年に制作した、彼の代名詞とも言える油彩絵画作品。

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)
オランダ出身。大胆な色使いで知られ、ポスト印象派の代表的画家である。
『夜のカフェテラス』 は、1888年9月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。
南フランス・アルルの星空の下、人でにぎわうカフェテラスが描かれている。この絵でゴッホは初めて黒をあまり使わずに夜空を描いた。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

4商品中 1〜4商品